FC2ブログ

最終日

今年度も最後の一日ですが、春のタネ合宿も今日が最終日です。

昨夜はまた楽しいひと時を過ごしました。

ぷっちょ君が肩ウエーブ進化型を披露してくれたと思ったら、リュウセイ君が小野さんの背中に乗って卓球パホーマンスを見せてくれたり、男子組の組み立て体操があってなかなかの見応えでした。

あっ君とヒューがクンが演奏してくれたので、それに乗ってみんなも楽器で参加して、思いがけず大合奏になってしまいました。

小野さんとあっ君のピアニカとギターと言う演奏もあって、まきちゃんのヨガ教室もあって、なんだか楽しい夜になってしまいました。
11時ころまだ遊んだようです。僕は早々と寝てしまいましたが・・・。

今朝は、なんと朝から餅をついて食べました。
お雑煮と海苔の餅を食べました。
それにチーズの乗った餅も一つづつ用意されていて楽しい朝食でした。
今日はこれから野菜と卵の出荷します。

今日も新しい遊びの開発がされていて、子どもって自由だといろいろ思いつくものだとつくづく感じます。
正坐の後のお経の時に面白い発声練習を今日もしました。
今度からちょっと続けてみたいですね。

さっき、小野さんとあっ君と海人君とヤッスンとリュウセイ君とがニワトリのエサをやりに行ったので僕もついて行って写真をたくさん撮りました。
やっぱりこうして若い子どもたちなどが生き生きとこういう活動をしている姿はいいものですね。
こういう姿が日本の若者の鏡になればいいのにと思うのです。
ここに来る子供や若者は本当に素晴らしいです。

今回は特にケチくさいこと言ってる子が一人もいませんでした。
例えば今朝はゆずきちゃんとメイちゃんと一緒に渡り廊下の掃除しましたが実にせっせと的確に動くのです。

また昨日はちょうど同じサイズのお椀が二つピッタリ入ってしまって抜けなくなってしまいました。
力ずくでは取れなくなっていました。それを悠ちゃんと海人君がいろいろ知識を応用して、みごと外しました。
こういう時にいろいろ役に立つのは知識のその先の知恵だということがよくわかります。

今日ちゅう食後に解散しますが、残る子もいるようです。
スポンサーサイト

今日も元気に

今日も朝から元気元気です。

子どもってこんな元気がどこから出てくるんだろうと不思議です。
朝6時からフル回転でも平気なんですからね。

さっき面白いものを見ました。
新しい遊びを作り出しているのです。

とても楽しそうですが、案の定すり傷だらけになった子もいます。

こんないい天気だから、またまた山を駆け巡って「ドロケー」を始めました。
新人のリュウセイ君もゴトレンもあおい君も何やら楽しそうに駆け巡っています。
ヤッスンやゆうちゃんのような比較的大きい子はちゃんと作戦を考えているようです。
渡り廊下の横を通り過ぎたら何やらごそごそ音がしてのぞいてみたら海人君が寝そべって隠れていました。

メイちゃんもゆずきちゃんもほっぺが真っ赤になっていました。

午後はお茶の苗木を植える作業をみんなでしました。

ところで今日のお昼は「菜の花チラシ」を作りました。
とてもきれいでおいしかったのでみな目いっぱいおかわりしていました。

今夜はまた何やら考えているようで楽しみな夜です。
夕飯は「子豚畑」の肉を使ったカレーです。

明日はもう解散です。
何やらお名残り惜しいですね。

朝の話は「目的」をはっきりすると言う話をしました。

楽しい春の一日

今朝はもう5時半には渡り廊下を歩く足音がしました。
6時起床と言っていたのに・・・。
元気な子たちです。
お掃除、正坐、お経、朝の話としました。
朝の話は「腰骨を立てると」と言う話です。

犬やニワトリの世話の後にようやく朝食です。
今朝は「卵かけご飯」食べました。
今年は沢庵がとてもおいしいので毎食食べています。大好評です。

午前中は卵ふきと、畑組と、野草摘みに別れました。

午後は休憩しようと言っていたのに、なぜか皆でドロケイを始めました。
山の中を思いっきり走り回ってやたらと楽しそうに。
で、次に休むのかと思ったら「風船バレー」していました。

今夜はさっきとってきた山野草を天ぷらにしたり、つくだ煮にしたりおひたしにしたりします。
なんだかみんなとても楽しそうですね。
3人増えてにぎやかです。

手で食べる料理

さて今日から春のタネ合宿です。
合宿と言っても春は人数も少なくて静かですね。

それでも昨夜から来ている子たちもいてにぎやかになってきました。
昨夜はネパールの山岳ガイドしてるという夫婦が来て「ダルバート」と言う食事を作ってくれました。
4歳の子供がいるので、うちの孫のひゅうちゃんと大騒ぎでした。

山暮らし民族がそろったようで、今までにない不思議な雰囲気でした。
豆カレーと言ったような料理ですが、うちの野菜やシカ肉も使って、トマト味の漬物もつけて、お皿に盛ってありました。

それを何やら豆スープのようなものをかけて、手でぐちゃぐちゃと混ぜて手づかみで食べるのです。
あっ君やヤスアキクンや海人君も上手に手でぐにょぐにょつかんで口に押し込んでいました。

僕の予想よりはるかにうまくて「おいしいおいしい」と連発していたら「またやりましょう」と言ってくれました。
一良も「シカ肉がこんなにうまく食べられるなら、獲ったかいがある」なんて満足してるようでした。

さて、今日はこれからあと3人ぐらい来てまた明日にも増えてと言う状況ですが、今はみんなで畑に行きました。
明日は、雨の予報だけど、降る前に野草摘んでシイタケと天ぷらにしようかと思ってます。

このブログに写真がうまく載せられないので、合宿の写真はまた「くだかけ」にでも載せます。
本当は春の山の景色載せたいけどね。残念。

明日からタネ合宿

もうすでに何人か登ってきています。
楽しみですね。

春休みは人数も少ないのでのんびりできます。
ぐるりの自然もとてもきれいで生き生きしているのでなんとなく気持ちも明るくなれます。

もっぱら遊びたいです。
始めてくる子もいますが、まだ山は寒い出すから冬用の上着があった方がいいですね。
朝はグッと冷えますから。

楽しみは野のものを食べることです。
菜の花やノビルやツクシやカンゾウなど料理したいですね。
一番おいしいのはヨモギのテンプラです。

そして、4月2日は「自覚祭」です。
春はなんだかうれしいことが次々ありますね。

4月1日は平塚で「なむの会」でお話しします。

くだかけ4月号

昨日の「運営委員会」から始めた4月ぐ発送作業はさっき終わりました。
明日には郵送されます。

ちょっとだけ新しい紙面になりました。
ところが、最後のページがどう見ても途中のページのようなデザインになってしまい意表をついています。
ビックリしないでください。
決して製本ミスではありませんので。

まあ見てのお楽しみです。

また、今月も案内を入れましたので新しい会員のご紹介をお願いいたします。

昨日の運営委員会でもお話ししましたが、くだかけ会の存在意義は教育や人生を根本から見直すのに重要な役目をしているということです。
つぶれないでまた38年目の活動に入ります。

所沢のくだかけ会を始めるⅯ氏の話の中に「勉強を教えないのにできるようになる、そういう学習支援もしたい」と言う内容がありました。
まさにこの狙いが「くだかけ」そのものです。
ところが一般にはこの話が通じないのです。
だからこそ、教育の根本を見直す活動を根気よく続けなければならないのです。

今朝の正坐

今朝は真冬の寒さに戻ったようでした。
全真堂もとても寒いのですが、あの1月2月とはやはり違います。
開け放った窓から降りてくる冷気も少し緩んでいます。

先に座っていたあっ君とヤスアキクンが寒いだろうなと気にはなります。
鼻をくちゅくちゅちゅんちゅん吸っています。

寒いだろうなこの山の朝は・・・と同情しますが正坐ですから仕方ありません。

しばらく座って、チーンと鉦をたたきます。
ホッとしてんだろうな?やっと終わったよと思っているかな?

男性3人でお経を読むとやっぱり低音が響いていいですね。

全部終わってから「だいじょうぶだった」と聞いたら、全く平然と「だいじょうぶです」と。
まあそういえばこの二人はもうとっくにすっかり慣れているんですから、だいじょうぶなわけです。

全真堂を出てからさっそく二人は犬の散歩に行ってくれました。
頼もしい子たちですね。
今どき日本にこんな若者がいるだろうか、と思うとうれしくなります。

卒業祝い会

今日はこれから「卒業祝い会」します。
学校を卒業するというのはとてもめでたいことですね。

そこで、今日はみんなにそれぞれの言葉を色紙に書いて、あとで渡します。
喜んでくれるかどうかは話ありませんが、「一つ超える」「ただ歩めば至 ただやればいい 結果はついて来る」「日々いのちを味わう」「それ行け はばたけ 天の才を生かせ」・・・その他。

人数が多いのでカレーを作ろうと計画していましたが、それぞれが何か持って来てくれてるのでおおご馳走になってしまいます。
ヤスアキクンは得意の「ぼたもち」を作ってくれました。
あとで食べるのが楽しみです。

音楽や踊りやクイズもあるようです。
ただ、最もお祝いしたい子が欠席で、ちょっと残念です。

大学生も急きょ来れなくなって、まあそういう人は後日と言うことで。

ダジャレ

最近は頭が固くなってダジャレさえ出ません。
おやじギャグと言うのもダジャレが多いですね。

最近書いたダジャレは「言い訳はいいわけない」ですが、言い古されてますね。

さて昨今の軍国主義化を考えていたら70年前の戦争と今ではまるで装備が違っていて、戦争の基本が変わっているのですね。
人類ってホントに不幸です。なぜって?こういう軍事的な装備の開発に遅れると不利なのですから、ますます新しいんを考え出さなきゃあ勝負にならないのです。

その結果、自分は楽して相手だけ苦しめるという装備を考えるわけです。
ところがそれはお互い様ですから、相手が強い装備を作ればそれ以上に楽な装備を作らなきゃあならないし、試してみなければならないのです。
矛盾と言う言葉そのものです。盾と矛の関係ですから。

ロボット兵器とか無人飛行機やステルス戦闘機・・・などなど考えているうちに思い付いたのが
こちらは「平気」でいられる新型「兵器」なんてダジャレです。
平気でいられる兵器。ダジャレで笑っていられればいいのですが。

おいの結婚式

「自衛権 平和の虫が目が覚める」(山の茂吉)

自衛権を広げて解釈されていけばいくほど、平和の虫が目覚めていきますね。
そもそも集団的自衛権で、だれがどんな意志で戦争に加担するのかと本気で考えれば、どうもあいまいなことが多い。

それはそうと今日は甥っ子の結婚式がありました。
横浜の山下公園の前にあるホテルで100人ぐらいの人が参加しての披露宴もしました。

とても楽しい子なので、式も披露宴もとても楽しかったです。
何より友人がたくさんいるのが、いいですね。

一通り終わりになるころ、いきなり舞台上で変な踊りが始まって、何人もの若者が妙な雰囲気で盛り上がっていました。
高校時代の仲間が集まって演じてくれたようです。

甥っ子は「みそ屋」を継ぐことになりました。
厳しい時代ですが頑張ってほしいですね。
彼女の方は「薬剤師さん」です。
山仲間で知り合ったのだそうです。

とても健全で楽しいお仲間がたくさんいていい夫婦になりそうですね。

帰りは家内の弟の「いいちみそ主人」といっしょに高速道路で帰ってきましたがずっといろいろなことをしゃべりながら久々に楽しかったです。
これからは親子で味噌屋を動かしていくのですね。いいですね。

甥っ子の兄弟の姉、妹は九州と沖縄から来てくれてました。
久しぶりに会えてよかったです。

ちなみに彼女の実家は「染物屋」さんだそうです。
いつまでも平和がいいですね。

プロフィール

mokitiwada

Author:mokitiwada
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR