平和を創造する人類

150430_085029.jpg
山は緑で盛り上がってきました。
かわの向こうの山には「フジ」が咲いています。

「若い人へ」と言う冊子を発行して会員の皆様にはお送りさせていただきました。

内容は「平和を創造する人類になる」と言うものです。
人類は「平和」が好きなのに、なぜか「戦争」をしてしまいます。
たまには「戦争」が好きと言う人もいますが、たいていは「仕方ない」からするのだと思っているのだと思います。
それで繰り返し悲惨な目にあって、悲しい思いをしてきたのです。

と言うことは、人類は「平和」と言う状態は得られないのですね。
この頃は「平和憲法」を持った日本でさえ「戦争の出来る国」にしようともくろんでいます。

そこで、もうじき「憲法記念日」を迎えるので、何をテーマに生きて行ったら「平和」に生きられるのかを考えてみたのです。

「戦争の放棄」「戦力の不保持」「交戦権の否認」と言うことを実行できれば平和の路線なのですが、それでは敵が攻めてきたときに守れないという考えが一般的になりつつあるのです。

ぼくが子どものころには、人々はまだ戦争の影におびえていて「もう二度と戦争はしたくない」と思っていて「フジが狂い咲きすると戦争が起きる」などと言って恐れていました。
まあ、今はフジの花の季節ですから、大いに咲いてほしいのですが、今の方向ではまたフジが狂い咲きする可能性を感じます。

さて、今までの人類が手に入れたことのない「絶対平和」と「大安心」は個々の生き方の理想です。
どっち方面に努力してゆくのがいいのかと言う指針でもあります。

「戦争反対」と言うだけではありません。
人生の課題として「平和を創造」していきたいのです。
「平和を創造することをテーマとする人類になろう」とこれから、ずっと僕が生きてる限り実践して更に呼びかけていきたいと思います。

今回お送りさせていただいた「若い人へ」と言う冊子の続きを用意しています。
具体的にどういう風に生きれば「平和」なのかと言う提案を書いています。
「反戦」を叫ぶより効果的だと思いますがどうでしょう。、どうやら中学生に読んでもらったら「反戦」の主張方がわかりやすいというのですが、どうなんでしょうか。
スポンサーサイト

いよいよ連休に

150429_134018.jpg
いよいよ連休に突入しました。
山の上は「山開き」があったせいで、ずいぶんにぎわいました。

でもまあうちはそんなに影響があるわけではありませんが。
それでも早朝から来た人があって、一日中人が来てました。

でも、お百姓はもう「稲」が始まってるので、いつもより忙しいのです。
鯉のぼりの下で農作業しています。

来客は鯉のぼりの方に目が行って「いいですね」と連発ですが、作業している人たちはフル回転です。

明日明後日は普通どおりですが、5月2日からは子どもや親子連れが泊まりに来てにぎわいます。
4日からは大学生でにぎわいます。
連休直後の7日には30人くらいの団体さんの見学が入ってます。
しばらく休めそうにありませんが、なかなか体調が戻りません。150429_065359.jpg
やはり、イノシシはどうやら人気です。みな見に行きます。「イノシシはどこですか?」なんて聞きに来てます。

今朝のシャガ

150428_063938.jpg
どうもカゼが抜けきれませんが、今朝も山を歩きに行きました。
上に行ったので、一番きれいなシャガの林には行けませんでしたが、ここもまあまあきれいな林です。

山の中にはこういう所が何か所もあります。

いよいよ明日からお休み週間に入るようでいろいろな連絡があります。にぎやかになりそうですね。
ぼくとしてはあまり連休が続くのはありがたいことではありません。

その分いろいろと詰まってしまうからです。
横浜の会も第2週になって南足柄の会と続いてしまいます。
原稿も早くしなきゃあならないし、このところの電話の多さも連休前だからでしょうか。

とにかくあまり長く休むと困ることができるのです。

明日は裏山の「大野山」で「山開き」があって山頂はにぎわいます。
いつもは登るのですが、今年は体調を考えて登らないようにします。

シャガ満開に

150423_082603.jpg
この写真は数日前に撮ったので、今はもっともっときれいになりました。

林の中に真っ白に咲きそろったシャガは実に美しく、別世界の感じがします。
今度はもっと一面シャガと言うところを写して来ます。

山には山の藤も咲いて、このゴールデンウィークは見ごたえがあるでしょうね。

前半は家族連れや子どもたちが何人も来てくれそうです。
山の家は賑やかそうですね。
後半は原子先生率いる大学生でにぎわいそうです。

鯉のぼりも泳いでいるし、ぼくものんきに過ごしたいです。

そうそう、子どもたちには「イノシシは絶対にさわるな」と注意しなきゃあ。
見た目はかわいいですからね。
茶太郎やめいやカイを触るのと同じようにさわったら大変なことになりますよ。

名古屋にて

150426_131311.jpg
150426_083927.jpg
昨日は名古屋に行きました。
お話の題は「手を出して力いっぱい」です。

手を使えば心もついて来る・・・と言うお話にするために「実感を大切に」と言うことからお話を進めました。
お話していくうちに、自分の人生はいかに「不器用」かということを認識していますので、こんな出来損ないでも何とか生きて行かせてもらっていることの根拠をお話ししました。

行きの新幹線では「コーヒー飲みながら、昨日できたばかりの冊子(わかいひとへ」を読みました。
まあ20分もあれば読めてしまうのであとはひたすら休んでいました。
体調もいまいちだったのです。
息も絶え絶えと言うほどではないけど休み休みでないと、地下鉄の乗り換えさえできないという感じでしたから。

お昼には高級外車に乗せていただいて、あまり高級そうでない町のそば屋のようなところへ連れて行っていただいたのです。
それが、大当たり。
とてもおいしい食堂でした。
久しぶりに感動のおいしさ。
たまプラーザの「はなむら」に匹敵する美味しさです。

で、ぼくは実はきし麺を食べたのです。写真は家内が食べたそばです。
で、思い出しました。
むかし名古屋の町工場の社長を訪ねて行ったことがあります。
そこで昼飯の時間になって社長が「昼食べに行きましょう」と誘ってくださって「何がいいですか?」と言われて、思わず「きし麺」と言ったのです。
それで連れて行っていただいたのが、おばあさんがやってる小さな食堂です。
町の食堂で、社長さんに食べさせていただいた「きし麺」は忘れられないうまさでした。

それで生き返って、2時間ほどゆっくり休んでから、今度は市営バスに乗って名古屋駅のもどって新幹線で帰ってきました。
帰りはほとんど寝てしまいました。

柿の芽

150425_063650.jpg
柿の新芽が出始めました。
これがまた天ぷらにするとおいしいのです。

だんだん初夏が迫ってきているような気もしますね。
今年はバカにつつじの花が早いような気がしますし、山の藤ももう咲いています。

今日はまた大学時代の友人たちと東京駅周辺で会いました。
何人かは数か月前にあったのですが、そのほかは半年ぶりです。
相変わらずのにぎやかさです。

むかし話に花が咲きました。
残念なのは昨日から体調がいまいちで風邪気味で行ったのであまり話に乗れませんでした。
こういう時は体調万全で行きたいですね。

茨城県から出てきた友人は「たまにこういう都会に出てくるといい刺激になって気分転換になるな。女性もきれいだし」なんて言ってました。
よく考えるとおじいさんの集まりです。
帰り際の服装を見てつくづく歳月を感じました。

みんな元気でよかったです。
次回は10月。
そして、もう古希の会をやろうと言う話まで出ました。

優しそうだけど

150424_065127.jpg
150424_065742.jpg
山のあちこちに何種類かのスミレがたくさん咲いています。

「今こそと  こんな所に咲くすみれ
     優しい花に強い根っこが」(山の茂吉)
スミレは優しい花ですが、かなりしたたかです。

石垣の隙間にも根を張り、杉の木のこんな高い所にも毎年花を咲かせます。

優しさは、強い根っこに支えられているのでしょうね。
子どもの苦労した経験や、自分の苦労した体験を重ね合わせたくなります。

こんな優しい花を咲かせられるかどうかは、しっかりした根が張れるからですね。
よく考えると植物の強さは学ぶべきものがあります。

どこにタネがこぼれるかは、自分の選択ではなくて、神や仏にお任せです。
与えられたところで精いっぱい生きて行くのですから、不平不満は聞いたことがありません。

道の反対側にはイタドリがたくさん芽を伸ばしています。
どうしてこんな日陰にこんなにたくさん芽を出しているのだろう・?不思議です。
それが秋になるとまた見事に花を咲かせてタネをまきます。

植物は優しそうだけど、強いのですね。

面白い山暮らし

150422_064248.jpg
最近すっかるフレンドリーになった子どものイノシシ君がとうとう檻に入れられちゃいました。

まあこれは息子たちの範囲だから、ぼくがとやかく言うことはないんだけど、あまりに面白すぎるから今朝写真を撮ってきました。
あまりにフレンドリーだから憎めないのですが、鶏小屋の周りを荒らしたりしていたのです。

ヤスアキクンが飼育係になったのかと思って、今朝「ヤスアキクンがこれの飼育係?」て聞いたら。
「いえ違います。僕は育てる会の会長です」と言うのです。

なるほどね。とてもいいですね。
「名前付けたら情が移るからつけません」と言うから見に行ったとたんに「これって昔来てたオサカベクンによく似てるね」って言ったら、それっきり「オサカベクン」と呼ばれてしまいました。

まあ、名前付けなくても毎日餌やったら情が移りますよね。

あっ君がゆっくりご飯食べていたので、ヤスアキクンに「タケノコを掘ってくれる?」て頼んで竹藪に行ったら「タケノコを一本あのオサカベクンにやろう」なんて言い出すのです。
笑っちゃいますね。

さて今後どうするのかわかりませんが、この後の連休中に来る子供たちがきっとこれを見て喜ぶだろうなと想像するのです。
犬たちと仲良くなったらもっと楽しいだろうな。

正座を

150421_063251.jpg
今朝、雨が上がってこの分厚い花の桜もしっとり湿っていて美しかったです。

今日は相模原のくだかけ会でした。
参加者は少なかったのですが、会場が和室だったので、明かりを消して「正坐」から始めました。
ほんの10分なのですが、やっぱり座るといいですね。
気持ちが落ち着きます。
皆さんは足が痛かったりしびれたりで嫌だったかもしれませんが、ぼくにはとてもよかったです。

10分と言う時間は座りなれない人には恐ろしく長い時間のようです。
「10分がこんなに長いなんて」という感想です。
面白いものですね。

面白いのはきちんと座り呼吸を整えて正坐を始めるとすぐに外界と自分の関係が静かなるものに変化するということです。
そういうことを実感してほしい所です。
本当はいつものように20分座りたいのですが、お話もしなきゃあならないので、10分で終わりました。

お話の方は「リレー人生」と言う題ですが、大人向きの話にしました。

さて明日は「理事会」と「運営委員会」があります。
今年度の方針を提案したいと思います。
何より「平和」です。

つつじ

150418_070542.jpg
また雨が降ってきました。
今日は大雨になるようです。
山に住んでいると雨の量はっても気になります。

気が付けばもう「穀雨」です。
そういえば先日来風呂場にモミが水に浸されています。
モミまきももうすぐですね。
いよいよ田んぼが始まるのです。

早く咲くつつじが満開です。
次々とその他のきれいなつつじもつぼみが膨らんできました。

一年のうちで一番過ごしやすい季節になりますね。
でももう蛇を目撃したようで、ハチも活躍が活発になってきますね。
草の伸びもぐんと早くなります。

夏に向けて一歩一歩です。
プロフィール

mokitiwada

Author:mokitiwada
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR