FC2ブログ

久しぶりの卵かけご飯

150627_072152.jpg
先日久しぶりの卵かけご飯を食べました。
と言うのも、ヒヨコたちが成長して卵を産み始めるときにちょっと小ぶりで内容の濃いものを生みます。
初生卵と言うのです。

これは多分サイズ的に売れないものなのでしょう。
そのおかげでこの味の濃い大切な卵を生で食べられたわけです・

自然卵の自然養鶏を実践している割には「卵かけご飯」を自由には食べれらないのです。
150627_072117.jpg
全くの自然養鶏ですから、黄身の色がこのようにおいしそうな自然の色なのです。
卵そのものがおいしそうです。

明日は横浜の会に行きます。
今日の中学は生徒さんたちがとてもよく聞いてくれてたくさんお話しさせていただきました。
ありがとうございます。
スポンサーサイト

自分を超える

150629_075630.jpg
昨日は名古屋で「教育の結果は自己形成にある」「人生の目的は自覚にある」と言うようなお話をさせてもらってきて、今日は「ナーム」の原稿に「ケチの殻を破る」と言う原稿を書いて、要するに「自分」から解放されるという内容です。で明日は真鶴中学に行って子どもたちに「自分をめいっぱいいかす」と言うお話をする予定です。

すべて僕の話すことは「自分」がテーマです。
それも自分探しのようなヤワなテーマではなくて、「自分を超える」と言うような話です。

最近はここに来るのにもまずはみんな問い合わせても断られてしまうわけで、普通はそれであきらめてしまいます。
無理に来たとしてもなんだかキツイことばかりですから、みな来なくなりますね。
で、根気よく来ているうちにたいていは「自分を超える」と言う内容がだんだん受け取られてきます。
わかるのではなくて、受けとれてきます。

僕は怠け者ですが、今来ている人たちは不思議と怠け者がいなくなります。

このどら焼きは「ヤス君」の作品ですね。
おいしかったです。
焼印がついているのですからビックリです。
あんこも自分で作っています。楽しいですね。ヤス君はイノシシの飼育している子です。
焼印は学校の先生が作ってくれたとか。
僕は冗談で、下に「い」付けたら面白いね、なんて失礼なこと言って・・・。

教育の結果は自己形成ににある。そのための知識や技術の習得である。
そのうち、よその雑誌に書いてばかりいないで「くだかけ」にもちゃんと書きたいと思います。

毎日、ニワトリの初生卵のこと書きたいのに、なかなか順番が回ってきません。
そのうち書きます。

風向き、潮目?

このところ品位のないでたらめな攻撃的な人にマスコミが引っ掻き回されていて、変なところで政治家の本音のような強引な下品な考えがはびこっていることがわかって、がっかりしています。毎日。

なんだか世の中の風向きが変わったのかなあ?と思うようなこともあります。
潮目が変わったのかもしれませんね。

昨日、幕末物の映画をDVDで見て、あのころの若い人の血気盛んんは「武士道」と「近代化」のぶつかり合いだったように思います。
間違った選択も勢いでやってしまって、その流れが「富国強兵」に行き「一億玉砕」の妙な戦争に行ってしまったのですねきっと。

ようやく終戦から70年。
これから本物の平和国家を築かなければと言う矢先に、風向きが変わってしまうのは勘弁してほしいですね。

今日は名古屋に行ってきました。
父の日で「お寿司」をごちそうになりました。150628_130542.jpg
名古屋に行くと時々連れて行ってもらう寿司屋で、回っていなくてカウンターの中で職人さんが握ってくれるほんとの鮨屋ですが、最近バカに混んでいます。おいしいからだと思います。丁寧で、静かな雰囲気でいいのです。
ごちそうさまでした。今日は本当に超満員でしたよ。僕らが行きはじめのころはあんなにいつも空いていたのに。不思議です。

「先生が来るとなぜか客が増える」と言うお店もあります。でもそれって思い込みですよ。本当は美味しいから僕が行き、客も増えていくのです。おいしくて雰囲気がいいというのが条件でしょうね。

心静かに自分を振り返る

150626_065015.jpg
おいしそうですね。
10個くらいとれました。

昨日はセミの声を聞いたような気がします。
ちょっと早いですね。
でも全国あちこちからセミの声を聞いたという報告があるようですから、山北の宮地交差点近くで聞いたとしても不思議はないですね。
この辺りはずっと7月2日だったのがこの数年は6月30日に鳴きはじめました。
今年は6月26日ですから喜んでいいかどうか???

喜んでいいかどうかの話では、このところの若手政治家と言う人たちの「落ち着きのなさ」です。
若くなくても、ある政党の人は皆「落ち着きがない」ようですね。

ここは一番「心静かに自分を振り返る」必要を感じます。
何かのトラブルで焦れば焦るほど良い知恵は出て来ませんからね。

強引に自分の浅はかな意見を押し付けて行くのもいけません。
まずは「心静かに自分を振り返って」ください。

「日本おちつけ党」とか「おちつけ日本党」でも作ってまともな意見言える人が出てこないもんですかね。
僕は「平和を創造する人類になる」党でも作りたいです。

知を封じる嫌な雰囲気

150626_080306.jpg
最近の雰囲気はどうも昔あった嫌な雰囲気に似ていると言われます。

大体、独裁的な政権がやることは「知を封じる」と言うことですね。
言論の自由と言うことが圧迫されていきます。

去年の今頃、埼玉のどこかで「梅雨空に『9条守れ』の女性デモ」と言う俳句が、公民館の月報に掲載拒否されたと言うことがありました。
何たることかと憤慨したのは僕だけではないでしょうね。
それに類することが頻発していて、どちらかと言うとおとなしい知的な人の意見は封じる力が働きます。

ちょっと不安ですね。
新聞や放送にもそういう力が働いているという噂もあります。

昨日のニュースでアイドルグループの歌詩が直接的過ぎて「後援しない」と言う話もありました。

なんだか余裕のない話ですね。
そのうち露骨に「知的な人が自由に発言できない」と言う圧力の時代が来てしまいそうです。
どうも変ですね。
あまりにも一つのグループが固まり過ぎて他の意見を封じ込めるという方向に突っ走ると、行先はまた暗い雰囲気に行くような気がします。

半面で、この方向は危険でマズイと言う人も増えて来て、意見を言いたいのですが、今や力づくで対処してる感じです。

僕はこの流れに乗らずに「平和を創造する人類になる」と言うことを提唱していきたいと思います。
とりあえず、「落ち着きませんか」と言う文書を送ってみたいのですが。何もならないでしょうかね。

今日「たねニュース」最新版の「くだかけ7月号」を発送しました。
「おちつけ日本人」を書いたので関係の方は読んで感想をください。

写真は屋久杉で掘った簡単なお地蔵さんです。
わずか数センチの作品です。いいですね。

勉強道場

僕が子どもたちとやりたい勉強はどうもその辺にある塾と言う感じではありません。

しいて言えば「勉強道場」です。
互いに研鑽する道場ですね。
勉強道という道があるのですね。
これは成績の競争ではなくて、それぞれの子が自分の中で研鑽してゆく勉強道です。

そこで僕はどういいう役割をしてゆくかと言うと「これでもか、これでもか」と言う感じで勉強道を叩き込みます。
そういうとかっこいいのですが、まあ真剣勝負ですね。
受験でもいいし、学校行ってなくてもいいし、毎日の勉強でもいいのです。
材料はなんでも、道場主である僕に言われたように自己研鑽していきます。

たまには他流試合もいいでしょうね。

実はなかなかうまくはいかなかったのですが、最近僕は子どもや青年にこういうことを伝える忽をつかんだようにも思います。
ほぼ正坐と同じです。
150624_064905.jpg
イノシシ君はこんなに成長しました。立派なイノシシになりそうですね。

明日はちょっと「梅雨空に9条守れの女性デモ」の俳句などについて書きます。
今日は疲れて早く休みたいですね。

さらに夏へ

150624_065455.jpg
きょうも朝から若い人たちは忙しく活動していました。
あっ君とヤスアキクンが畑を突っ切って鶏小屋に行きました。
僕もなんとなくついていきました。

そこで久しぶりにイノシシ君に会いました。
そしたら、なんとヤス君とイノシシの師弟関係がしっかりできているではありませんか。
ヤス君が近づいていくとイノシシ君は嬉しそうに寄ってきます。
そしたらヤス君はその辺の草を一本取って「こいつこれが大好きなんですよ」と言いながらイノシシ君に与えています。
なんと、イノシシ君はヤスアキクンの手から直接食べているではありませんか。

立派な師弟関係です。
僕は絶賛してしまいました。
どっちが師でどっちが弟かわかりませんが・・・。
「いつこんなになついたの?」
「いやあもう全然大丈夫ですよ」なんて鼻を触ってるのです。
やばいよ、野生だからいつバクっと食べられちゃうかわからないよ。

まあこれだけ立派な師弟関係が確立しているとは。

畑ではかぼちゃの花が咲いていましたし、ミニトマトが色づいていました。150624_065245.jpg
さらに夏へ一歩です。

夏へ

150621_152407.jpg
今日は逗子にひとっ走り行ってきました。
とても気持ち良かったです。
途中の道もすいていてよかったのですが、お集まりの方々がとてもよかったのです。

調子に乗って「知を鈍らせない教育」なんて言う話をさせていただきました。

ムシムシするのでなんとなく暑っ苦しいのですが、これが夏への一歩だなあと味わうしかありません。

しかし暑っ苦しいのは気候のせいだけではありません。
「慌てるな 庶民はみんな平和好き」と言いたいような昨今のあべこべ内閣のやり口です。
ちょっとこの強引さには暑苦しさを感じてきました。
みんなの意見も無視して押し切る気のようですからね。

夏へ向けて、明日の運営委員会では「コンサートの作戦会議」をしたいと思います。
同時に「若い人へ」の配布も作戦会議したいと思います。

もうオシロイバナがしっかり咲いています。

夏至の日没時刻

150622_130155.jpg
さっき外のみかんの木を見てたら、こんなのがいました。
「この子はだーれ?」って感じです。
こういう虫の世界もなかなかかっこいいですね。

さて今日は夏至です。
昼間が一年のうちで一番長いのですね。
と言うことは太陽が一番北に傾いているってことで、向山の上に太陽が昇ってきますがその位置が一番左になっているのですね。
僕の家から見ての話ですが。

それで、今日の日没時刻は何時かなと思って調べたらおよそ19時です。
7時まで太陽があるわけですね。
では、日の出は?
東京では4時25分でした。
僕の山では4時35分ぐらいでしょうか。

札幌はどうかと言うと日の出がナント3時55分。
ビックリです。
日没が19時17分。

それはそうですね。東京よりずっと北ですから緯度が高いわけです。
毎度疑問に思いますが、赤道と北極圏では自転の速度が違うだろうということです。
体内時計はどうなってるんだろう?
北極圏の人は今頃太陽は沈まないんじゃあないの?

夏至だからこのかっこいい虫君といっしょに、地球ごとの不思議に浸りたいと思いました。

子どもの拒否権

150621_152453.jpg
最近2歳と10か月くらいの孫がいよいよ拒否権を使うようになってきました。

「マメ」「バメ」「ダメ」と、どうやら拒否の段階があるようなのです。
なんだかとても面白いです。

ところで、相も変わらず「学校へ行かない、行きたくない、行かれない」などの子どもたちの相談がひっきりなしです。
こういう場合どこまで子どもの拒否権は受け付けられるかとふと思いました。

まあ、いろいろな考えがあるでしょうけど、「拒否することによって、その子の成長が促進する」ならとてもいいことですね。

最近の傾向として「拒否すると横道にそらす」または「楽な道を探す」てなことで成長どころかますますダメな方へひっぱていくと言う感じのものがあるように思います。

3歳児の拒否権も正当に認められないと「自我の成長」はどこかに置き去りされてしまいます。

更に余計なことですが、民主主義ってどこに行ってしまうのでしょうね。
資本主義とくっついてるような誤解がありましたが、実はちょっと違ったのですね。
独善的な雰囲気が力でのしかかってきているような国家主義、全体主義の匂いさえしてきてるのですから。
プロフィール

mokitiwada

Author:mokitiwada
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR