FC2ブログ

沈丁花の記憶

160229_154343.jpg
2月も最後の一日です。
今朝もウグイスが盛んに鳴いていました。へたくそですが。

沈丁花が一輪咲きました。

沈丁花と言えば、その香りがぼくの遠い昔の記憶をよみがえらせます。

まあ僕は人一倍記憶力の悪い人間ですから、遠い昔の記憶がどれだけ正しいかは疑問ですが。

確か、高校生ごろだったと思います。
あたたかい風に乗って沈丁花の香りが漂って来て、「もう春なんだ」と思いながらウキウキと駅の方へと歩いて行ったという記憶です。

ただそれだけなんですが、やたらと強烈に残っているのですね。

僕の頭は特別に悪くて、ほとんど記憶は定かではなくなっていますが、「色と香り」がからんだ感覚だけはあちこちに残っているのです。
その一つが沈丁花の香りです。

多分僕の記憶力が極端にないのは「忘れ方」と言う勉強方法のせいです。

その場で点数は取れますが、すぐに記憶から去ってしまうのです。
でそれをどうやって頭から情報を取り出すかと言うと、何かに関連させて取り出しているイメージです。

今となっては抽象的にしか記憶がないというものが多いのです。

それにしてもこの頭でよく毎日いろいろな原稿を書いたり、講演に行ったりできるものだと我ながら感心してしまいます。
スポンサーサイト

今月はもう一日

160227_065143.jpg
朝の「全真堂」に入ってくる光も随分変わってきました。

よく考えたら、2月はもう一日おまけがついているのですね。
うるう年です。
よく考えたものです。
4年に一回とは。
損しているのか得しているのか???

まあ春はもうウグイスの声とともに、ヒヨコの声とともにすぐそこです。160228_074143.jpg
160228_093407.jpg
あたたかい一日でしたから、何度も外に行きました。
畑の向こうの方では若者たちが何やら作業しているので、「割れせんべい」を持って行って一緒に食べようとしたのにみな忙しそうで、申し訳程度にポリポリ食べてくれましたけどその後はまたすぐに作業していました。

ヒマな僕は原稿書きの合間にみんなに「うどんと天ぷら」を作ってお昼は喜ばれました。
まあこれでも僕も少しは役に立っているかな?

それにしても若者たちは忙しそうですね。

不思議な白菜

160226_201422.jpg
これは何でしょう?
白菜なのですが、ちょっと不思議な形です。

面白いでしょ。

反対から見ると160226_201354.jpg
まあ同じようですが、根元からもう一つ白菜が成長しようとしています。

自然の不思議ですね。

新しい毎日

160226_144213.jpg
昨日は、E組の人たちが川の家のベランダを壊して新しくしようとしていました。

寒い風の中で頑張っていました。

この頃ぼくの周辺では、毎日が新しい感じがしています。
実際新しい毎日なのですね。

世間とは少し乗り切れない感がするのですが、なぜかとても受けてしまってる気がするのです。

本当ならこんな活動はもうとっくにしぼんでいっていいはずですが、それどころがたくさんにぎわってしまっているのです。

昨日お送りした「たねニュース」にその秘密が感じられますね。
世間的でない良さがあるのです。

また次の4月号作りに着手していますが、またまた新しい感じが漂っているのです。
さらに、5月にはもっと新品な話題が出ます。160226_144335.jpg

この鶏はEさんが作ったものです。最近よくこういうものを作っているようです。
これをヒントに考えましたが、いろいろポーズを決めてそこに物語を書きたくなりました。
なんだか面白そうな絵本でも作れそうですね。

今まで制作したいくつかを使った「クマさんとウサギさん」の物語なんてものもいいですね。
楽しそうです。

明日明後日はどこにも出かけないので連載原稿を一つ書こうかなと思っています。

また雪が

160225_065450.jpg
ゆうべ寝るころにはなんか怪しいなと思っていましたが、今朝5時に起きたら外は真っ白でした。
雪景色は何度見ても美しいですね。

せっかく咲いた花もみな雪に乗っかられてじっとしています。
きれいですね。160225_065942.jpg
ところが、雪で一番困るのは「この山から出ていけるかなあ」と言う事です。

外に出たら「この雪なら道は大丈夫」とすぐわかりました。
やっぱりもう春の雪ですね。

鶏小屋に行くとこの冷たい空気の中で修行僧のような若者が「エサやりの準備」をしています。
本当に大変ですね。
「ご苦労様」と言うだけで申し訳ないのですが、「この日本にこの若者在り!!」と言いたくなるほど輝いています。
160225_070226.jpg
車で出かけましたが、またまた今回も雪が積もっているのは我が家だけで、ほんのちょっと下っただけで雪はかけらもありませんでした。

車に真っ白な雪を積んで街中を走るのはちょっと恥ずかしいですね。

美しい形

160224_073308.jpg
いよいよ、色の濃い梅が咲いてきました。
他にピンクの梅も咲き始めて、とてもいい香りです。

どうしてこんな美しい形ができるのだろうと、自然のデザイナーさんのすごさを感じますね。

よほど思い切りのいいデザイナーさんだろうなと思います。

もう一つ今朝は、空を見上げたらこんな美しい形もありました。160224_070356.jpg
曇り空に思いっ切り枝を伸ばしている、大ケヤキです。

寂しげですが、美しいですね。

この木の根元はこんなに太いのです。160224_070338.jpg
比較するものがないから太さが実感できませんが、向こうの杉の木の幹と比較してください。

そばによると堂々としたものです。

ウグイスの初音

160223_071310.jpg
昨日はちょっと「ウグイスかな?」と思って立ち止まって聴いてみました。
「それにしちゃあへたくそだなあ」と思いながら・・・。

それが、今朝はハッキリと「ホーホケキョ」と鳴きました。
でもまだまだ下手なのですが、練習の段階ですが、一応「ウグイスの初音」と認定できました。

そうなると気温はまだまだ低いけれど、やっぱり春になってきましたね。

160222_071742.jpg
先日の「フクジュソウ」もたくさん咲き始めています。
「河津桜」も次々咲いています。
梅の香りも馥郁と。

春になり切っていないこの季節が愛おしくて、もうじき我慢も終われるかと思うと楽しみでもあります。

ここに関係している子どもたちもそれぞれ試験や学年末を迎えて、動きが出ています。
これも春ならではですね。

3月5日には、「交流会」しますが、今年は「ミニ交流会」です。
これも春が来てる気がして楽しみです。

お母さんの存在感

160220_071637.jpg
僕の母親はもう101歳だからちょっと対象外ですが、母親と言う人たちの存在はやっぱり「あんしん」感の素ですね。

昨日はご一緒した人が「母の33回忌でした」とおっしゃっていました。
・・・と言う事はずいぶん早くお母様は亡くなられたんですね。そう思ったら、この方のご苦労が直に伝わって来て「大変だったね」と心の中で思いました。

暮れや正月に「お母さんのいないこと」を思うと胸がキューンと締め付けられます。

できることならどんなお母さんでもいいから健康でいてくれたら、そう思うのです。
子どもはやっぱりお母さんの存在感が必要です。

そう言えば、僕の父親も7歳の時に母を失いました。
子どものころ「何で僕のうちだけお母ちゃんがいないんだ」と言いようのない寂しさを感じていたと書いていました。

もう大人になっていれば、どのようにでも生きて行けるけど「父子家庭」の子どもが娘さんだったりしたら、悩みの相談でも難しいようですね。

お父さんのいないのも大変ですが、お母さんと言う人はできるだけ頑張って長生きしてあげてください。
そのためにはちゃんと健康管理もしてください。

山は今梅が盛りです。とてもいいですね。

富士山の話

160221_161206.jpg
とにかく冬は富士山がきれいでついつい眺めたくなります。

今朝、大雄山線に乗っていつも座る側でない席に座ったら、意外なところできれいな富士山を見つけました。
塚原の手前です。

それで、家内と子どものころの話になって「僕の行っていた芦子小学校は、校歌にも校章にも富士山が出て来るけど、たぶん見えない」と言うと、家内は「足柄小学校からは見えた」と言うのです。足柄小学校はすぐ隣の小学校です。

そう言えばあの学校の前の橋は「富士見橋だったっけ?」なんて言いながら、大雄山線が「井細田駅」につくちょっと前に富士山の山頂だけ一ミリ分ぐらい見えるのでした。

冬だから真っ白いので見えるのですね。夏なら絶対に見落とします。

ちょっと笑いました。
あのちょっとの富士山頂が見えるだけで、うれしかったんですね。

名古屋の帰り道、新幹線の車窓から南側の富士を写しました。
やはり南側は雪が上のほうだけですね。

行きの新幹線からはすっぽり雲に覆われていて見えませんでしたから、帰りに見えてよかったです。

ところで今日は名古屋は冷たい風が吹き荒れていました。かなり寒かったです。
小田原駅に降りて暖かかったのでほっとしました。

春の使者

160220_071517.jpg
また春の使者がいました。

今朝のニワトリ小屋の中から「ピヨピヨ」と元気のいい鳴き声がしてきました。
そっと覗きに行くと生まれたてのヒヨコたちが、元気にご飯食べに出てきていました。

茶色いのがメスで、白いのがオスです。

この子たちがどんどん大きくなってあっという間に卵ア産むようになります。
と言っても秋ですけどね。

フキノトウやオオイヌノフグリも咲いてまた一歩春です。
さっきから雨が降って来て、やっぱり今年は暖冬ですね。
少し強く降るようですが、明日は朝から名古屋に行きます。

天気が回復しますように。

明日のお話は「気分と自分」です。来月はまた同じような題の会が続きます。
名古屋では「気晴らし」と言う事を題材にします。
プロフィール

mokitiwada

Author:mokitiwada
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR