FC2ブログ

6月終わり

160630_115729.jpg
今日で6月が終わりです。
30は「神の導きや仏のお示し」の話です。

どんなに頑張っても自分の計らいよりも大きな力で生きているのですからね。

160630_070646.jpg
山にはカンゾウや山百合が咲き始めました。

明日から7月です。
一歩前進の感じがします。

この夏にはどんな子が来て、どんな成長をしていくのか楽しみです。

明後日土曜日は伊勢原の会へ、日曜日は名古屋の「東海まみず会」へお話に行く予定です。
少し体調を整えていきたいと思っています。
スポンサーサイト

負けて知る道

160628_070443.jpg
雨模様の朝、山の畑の景色は傘の中から見ていると静かで奥が深いです。

昨日は、7月分の「たねニュース」の発送作業をしました。
とてもスムーズにいきました。
と言うのも土曜日に思いがけず「準備」に来てくれた人がいらして、4人がかりで下準備が進んでいたのです。

それにこの頃は新兵器の「紙折り機」と「裁断機」があって、ものすごく能率がいいのです。
そこへ、昨日は朝から5人も6人も駆けつけてくださって、午後3時には決着がついていました。

ありがたいことですね。160629_071937.jpg
今日は「負けて知る道もある」と言う「人生の宿題」つづりでした。

強くて勝ち続けると思い上がることもあるでしょうし、意外な落とし穴もあります。今回のたねニュースに若い人の質問に「失敗をいつまでも考えてしまう」と言うようなことも書きました。
失敗したり、負け続けたり、どうにもくよくよしてしまう事ですが、5年後10年後に振り返ってみたら貴重な体験なのですね。
少なくとも前を向いて生きて行きたいです。

天候のせいか今朝は「腰痛注意報発令中」になってしまいました。
よく考えると毎年ジャガイモ収穫期に「ギックリ」してしまうのです。
今年は食べ過ぎないようにしてお腹の動きをよくしておきたいです。

正しいことと善いこと

160628_073036.jpg
「人生の宿題」つづり28は「必ずしも正即善ではない」です。

選挙中でいろいろな主張があちこちから聞こえてきます。
皆さん、正しいことを主張しているのですね。

ちょっと立ち止まって考えると「正しいとは何か?」と行き詰ってしまいます。
正しいもの同士の激突は人間の常です。

しまいには武力の行使にまで行ってしまいます。

そこで「善」とはどういうことかと言うとまた煮詰まってしまいます。
少し深く味わってみたいテーマです。

今朝、「全真堂」を終えて、雨の中、山のあっちの方から草刈り機の音がしてきます。正坐の後あっ君が草を刈っているのです。その間にヤス君はニワトリの世話に行きました。一良は畑の収穫に。
160628_065644.jpg
とても平和な感じがしました。
若者が鉄砲ではなくて草刈り機を担いで、鶏の草を刈りに行く。
ありがたいほど平和です。
この若者たちが絶対に戦争に駆り出されることが無いように願わずにいられない昨今です。

気前よく

160627_071859.jpg
今日の「人生の宿題」つづりは「清々と 気前よく」です。

気前よくできない僕はこのページになるたびに「ハッとさせられます」
「清々と」は後ろめたいことや心のどこかに引っかかりのないことですね。

自然界はどこを見ても気前のいいことです。
出し惜しみなんかしていることはありません。
動物も植物も出し惜しみして生きている様子はありませんね。
それは清々としているからなのでしょう。

人間だけは「欲望に振り回されていくように仕組まれています」
そこを超越するのが「進化の方向」なのでしょうね。
進化の方向に沿って生きることを幸せというのです。

今朝も畑に行って「成り始めたキュウリ」を見つけました。160627_070222.jpg
夏がやってきているのです。
数日中に蝉の声も聞こえてくると思います。

福知山線で初体験

160626_212157.jpg
今日も学びの心地よさを味わいました。
神戸の会が終わってから松田先生おお宅に伺って、とてもよい時間をすごあせていただきました。
かなりゆっくりと。

ところが、福知山線で初体験のことがありました。
ナント若者に席を譲られたのです。

降りるときに「ありがとう」とあいさつしましたが、若者はちょっとにこっとしてくれました。


ぼくはもう年寄りなのかなあ?

160626_185055.jpg
帰りの新幹線で米原駅近くに来たら、ちょうど雲間から夕日が美しく見えました。
いつだかも同じような光景を見た気がしました。

今日は元寮生のまこと君が奥さんとお子さんを連れて来てくれました。
どちらも可愛い!!
いい時間でした。

誰のための思いやり

160625_141955.jpg
最近、自分のために世界が回っているというような「子ども大人」がたくさん出現しています。

「私が風邪ひいたら旦那が『早く治ってよ、おれが困るから』といったんです」奥さんをいたわっての一言ではなくて自分の話だったんですね。

最近は「めんどくさいから恋愛しない」という若者もいます。
恋愛もどきのものをしても、全く自己中心的で「相手のしあわせ」や「二人のしあわせ」ではなくて「自分の都合」がまかり通っているのですね。

なんだか恋愛だけでなくて、人間関係がみな「自分の都合最優先」になっているようなので、パサパサの人間関係どころかバラバラの社会ができてしまっています。

最近身近にも生活の困窮している人も増えて来てますね。
それでも、金持ちの優遇策ばかり考えてパサパサ、バラバラ社会をせっせと作っているのですね。

せめて若者よ「恋は相手のしあわせ第一に」ということを知ったらもっと人生は楽しいんだという事を分かってください。
そこに初めて「自分」という価値が映し出されるのです。160624_093505.jpg
明日はまたはるばる神戸に行きます。
「無防備で生きる」という難しい題でのお話です。

「いのちの満足」という小さな本に書いた覚えがあるので、それでも予習していきます。
関西の方はどうぞご参加ください。
三宮の勤労会館3階です。

色と香り

160623_193402.jpg
山の家は今あちこちでいい香りがしてきます。
梅干しです。
正確にはまだ漬けてないのでただの梅です。

この色の美しさに見とれました。
香りのよさにも魅かれます。

おまけに今年は豊作のようです。
埋めジュースも梅酒もできそうです。

160624_061234.jpg
今日の「人生の宿題」つづりは「余分な力を抜く」です。

ところが、抜くという字は右肩に点がいらないのですね。
恥ずかしいですねこんな間違いは。

言い訳ですが、「祓う」という字には右肩に点を打ちます。
祓うと抜く似ていますね。

てなわけで、お祓いして抜く力といえば完全に肩の力も力みが取れるかな。
いいわけですが、ちょっと面白いなあと感じました。

漢字って面白いです。

雨の全真堂

160623_151043.jpg
正坐をしていると「痛いとか痒いとか」いろいろじっとしていられない要素が生まれてきます。
子どものころから「そこから逃げようとするから余計に痛くなる」といわれてぎゃふんといっていました。
今日の「人生の宿題」つづりはそんな言葉です。

それが超えられるようになったのは、ようやく14歳になってからでした。
それを超えてみたら、段々とそういうことの意味が、我慢とかでないことが分かってきました。

160623_070304.jpg
今朝の全真堂は雨でした。
開け放った薄暗いお堂は次元の違う心地よさでした。
正坐を終えて若者たちと思いっ切りの声を出してお経。
雨と読経。
ヤス君とあっ君に感謝しながら声を合わせる心地よさ。

苔も雨に濡れて心地よさそうです。

客人とならず

160622_073433.jpg
今日22日は「この世の客人にならず」という「人生の宿題」綴りでした。

昔、客人28号と呼べれていた子がいて、なかなか面白かったですね。
何でもかんでも「お客さん」のように振る舞っていたのです。
何をしても自分のことではありません、という感じで過ごしていたんですね。

結局それでは人任せの人生になってしまいます。どんなことでも自分のことにならないのではね。

さて、いよいよ選挙です。
金持ち優遇の税制か、貧乏人にもおこぼれが回るようにするのか?
戦争してでも・・・いやべつの道がいいのか。
ゴミ箱のない放射能にかけるのか、いやそれはやめるのか?

いずれにしろ、この世の主人はぼくらのはずでしたから。よく考えましょうね。

でちょっと根本的なことを考えると、これだけは考え物だなあと感じるのが「国家主義」という考えかなあ?
国民より国家、国家の意志に国民は無条件でしたがう・・・あれ?国家って誰だっけ???
なんだかよくわからなくなってしまいます。

投票日までよくよく考えたいと思います。
中には口先だけの人も立候補しているでしょうからね。
そして中には自分で考えるのではなくて政党に所属していれば言われた通りという人も立候補しておるでしょうからね。160617_070812.jpg

夏至そして選挙

160621_154741.jpg
地球が太陽と23.5度傾いて回っているので、夏や冬が来るのだと言う事を今日は感じますね。
普段は忘れていますが。

そして参議院議員を選ぶ選挙が始まります。
普段は忘れていますが、こんな時には将来に向けて大事なことだと感じてみたいと思います。

それにしても批判合戦、非難合戦はどうにも醜い争いですね。
根本をできるだけ深く味わって「しあわせ」に生きると言う事を求めてみたいと思います。
行き着くところ、不平不満ではない「絶対のあんしん」に生きたいことです。

人生の宿題ですね。160621_062420.jpg

昨日のハマユウがもう花が四っつに増えていました。
プロフィール

mokitiwada

Author:mokitiwada
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR