バラ

170531_065756.jpg
おばあちゃんの庭を少しずつ手入れしていた効果があって、こんなきれいなバラが咲きました。

ところが心境は複雑です。
なぜかというと、昨日書いた光文社の本の中に「ワイルドの幸福な王子」という童話があって、その中に「小夜啼きどりとバラ」という作品があるのです。
恐ろしいバラが出てくるのです。
ワイルドという人の作品はものすごく暗い物語ばかりです。
宮沢賢治より暗いですね。
一度読んでみてください。
今の子どもたちには読み切れませんよきっと。

昨日の作品名間違っていましたハナカマキリの出てくるのは「珍奇の昆虫」という本です。
この本は夢中になってしまいます。
面白いのです。

また、挟まっていた栞には「知は現場にある」というのが本当のメッセージです。
まさにその通りのいい言葉です。
スポンサーサイト

知は現場で

170530_131946.jpg
先日、また「光文社」の社長してる友人からたくさんの本が寄贈されました。
いろいろな本が出版されているのだなあと感心しながら、文庫本や新書本をあさってみています。

その中で「変わった昆虫の本」がありました。
ジャポニカという帳面の表紙の写真かなのかなあ?さっそくハナカマキリのページを読みました。

前回頂いた本の中には「珍きのこ」の本もあって僕は興味津々です。キノコってアレにそっくりなのがあるのですね。

で、新書本に挟まっている栞に「知は現場で」と書いてあるのを発見しました。
なんだかうれしくなりました。

というのは今度の6月11日のシンポジュウムのテーマが「知をどこへ導こうとしているのか」というものだからです。
そこにパネラーで参加してくださる先生方がみなさん「知は現場で」と言っているメッセージなのです。

文庫本の中には「大人向きに訳した童話」というものがありました。
現代語訳した世界の名作というシリーズもあります。
やっぱり本は知的な刺激が満載なのですね。

ぜひ読んでみてください。いろいろと。

世の中の謎

170528_144939.jpg
芍薬の花の美しさは別に謎というわけではありません。

これから間もなくピンクのバラも咲きはじめます。楽しみです。

謎は。どうして子どもに危険なおもちゃを与えてしまうのか?という事です。
髪型も変ですが、あんな笑い方して危険なおもちゃをもてあそんでいるなんて、誰かがなんかの目的で危険なおもちゃで遊ばせているのでしょうね。

もう一つ最近分かったことですが、お役人は権力者の使いパッシリってことです。
もう少し国民のために働いているのかと思っていたら、昨今のできごとでよく謎が解けました。

権力者集団はお役人よりずっと立場が上で「使いパッシリにしていいのです」ね。

世の中の謎はまだまだあります。
芍薬はもう少し蕾の時の方がきれいですね。
これは謎ではありません。

間もなく田植え?

170527_083333.jpg
山の苗代はもうこんなに伸びています。

田んぼの代掻き作業も進んでいるようです。

あっ君や一良がトラクターで暗くなるまで田んぼに行っています。

今年も豊作だといいですね。

グリンピースご飯

170526_195853.jpg
グリンピースが最盛期になって、昨夜はグリンピースご飯にしました。

美味しくってあっという間に完売。
おかわりに行くと、もう終わり・・・。

そこでまた今朝、グリンピースを剝いて「グリンピースご飯おにぎり」にして、お昼の弁当に。

お昼にはみんなも畑から戻って来て、またみんなで食べました。
この季節ならではの「とれたてグリンピースご飯」

170527_082849.jpg
これはまた、渡り廊下になっている「キイチゴ」です。
たまたま通りかかったヤスに「ここはいろいろなものがなっていいところだね」というと、「ほんとうにいろいろなってますね」と。
そう言いながらさっそくもいで食べていました。

間もなく「桑の実」も食べられますね。

ホームページ

くだかけ会のホームページの写真などが変わりました。

今日は6月の「くだかけ新聞」の発送もできました。
お楽しみに。

今日は朝から雨でした。
170525_065450.jpg
皐月も咲いていい季節ですね。
雨の中で「全真堂」で坐るととても心地よく、時間のたつのを忘れてしまいます。
ついちょっと長く坐ってしまいました。
170526_065851.jpg
そのうち雨の季節がやって来るのですけど、あまり長く降るとジメジメしますね。

今ぐらいがいいのですね。

そういえば、今日発送したものの中に今度のシンポジュウムの冊子を同封した方もいます。
協賛金を寄せていただいた方です。
その他の方は参加費1000円を会場で頂く仕組みになっています。

先にお読みになりたい方は、事務所にお申し付けください。
明日は「親の会」があります。
どうぞご参加ください。

サクランボジャム

170525_082653.jpg
今朝、サクランボジャムを食べました。

昨日、あっ君ヤス君が作ってくれたようです。
サクランボを2、5キロも作ったようです。

美味しかったです。
こんなものが作れるのなら、来年からはあの大量のサクランボを無駄にしないですみますね。

それにしても「これを作ろう」という意欲がないとできるものではありません。

若いのにえらいですね。この人達は。

先日のサクランボの写真に反応して来て下さった人には申し訳ないのですが、おすそわけが回りません。ご勘弁ください。

明後日は久しぶりに「親の会」があります。土曜10時からです。
お父さんお母さんどなたでもお出かけください。

野の花

170524_070046.jpg
何度聞いても忘れてしまいますが、八ルジョンかヒメジョンか?

野の花の美しさは存在感があります。
簡単にカマで刈られてしまうような花ですが、意外に美しいのです。

今日は「くだかけ会」の総会でした。
お集まりの方たちと和やかにやりました。

それで感じるのはくだかけの存在感は野の花に似ているという事です。
派手ではないけど、集まって咲いて美しい存在感があります。

総会に先だってまあちゃんの7回忌をタンザンさんがしてくれました。
お経と尺八と詩の朗読、皆さんにはお線香でお参りしていただきました。

野の花の好きだったまあちゃんらしい法事になりました。
気持ちが収まりました
よかったです。

たらふくサクランボ

170522_065752.jpg
生活舎の玄関前に存在する大きなサクランボの木に今まさに最盛期のサクランボがなっています。

昨日は山の人たちで、今日はE組の人たちがサクランボ狩りしました。

みなたらふく食べてヤス君は70個も食べたとか・・・。
果物大好きな人には特別なプレゼントですね。

170522_191143.jpg
小粒ですが、とてもおいしいのです。

明日は「くだかけ会」の総会です。
川の家で1時ごろからします。

その前に、家内の妹の雅子さんの命日が近いので丹山さんにお経をしていただきます。
11時半ごろからです。

コンフリーの花

170522_065627.jpg
このかわいい花は「コンフリーの花」です。

踏まれても踏まれても伸びてくるような強い草なので、そこら辺に植えておくと、何も食べるものがない時に重宝しました。
最近は野菜が豊富ですからあまりコンフリーには手を出しませんが。

美味しかったのは「コンカツ」
コンフリーの葉をカツに見立てて揚げるのです。
ハムカツと一緒にしたら結構いけますね。

この頃の雰囲気が「知的なものを腕力で黙らせる」社会というようなものに感じて、とても嫌なのですね。
暴力支配が正しいわけはないのですが。

弱者を封じ込めていじめるような社会は嫌ですね。
プロフィール

mokitiwada

Author:mokitiwada
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR