猛烈な雨だった昨夜

170831_111726.jpg
今日で8月も終わりです。

川の家の庭の「芙蓉」が咲きました。
「これ、いつからここにあるの?」と聞かれました。
もう何年か前に散歩中に近所の芙蓉の咲いている木からタネをもらって来て蒔いたんです。
去年も咲いていましたよ。

それにしても昨日の夕方からの雨は猛烈でした。
山の車の全部(5台)が下界に出かけていたので、夕方帰るときにみな「豪雨」に出会ってしまいました。
山道は川のようになるのです。
なかなかやまない豪雨を便利なインターネットで「雲予想」で見ても2時間ぐらいはかかりそう。

途中まで行っていた軽トラックから「引き返します」の電話があって、緊張しました。
もう少し後ろにいた家内の車も「山北駅」で立ち往生。
僕もそこへ駆けつけたのですが、山北駅はめずらしく車と人がいっぱいでした。

合間を縫って5台とも無事山に帰りつきました。
ですが雷と雨でなかなかやみません。
あきらめて夕食を食べました。

テレビで「山北町で1時間に100ミリ。大雨洪水警報」なんて繰り返し出るから、メールをくださる人もいて恐怖心もピークに達しました。(メールありがとうございました)

今朝、起き抜けに隣の集落まで徒歩で「道の確認」に行きました。
途中の滝つぼが詰まって、水があふれ出ていました。
それ以外は道はボコボコニなっていましたが車が通れるくらいでした。
ホッとしました。

明日はもう9月ですね。
スポンサーサイト

「地球大好きプロジェクト」準備会

170830_072014.jpg
ヌスビトハギが咲き始めました。
明日はもう31日ですね。

今日は松田高志先生のご提案の「地球大好きプロジェクト」の準備会をしました。
高校1年生のゆきのさんが実行委員長を引き受けてくれて、実行員会は21歳から10歳の人までの10人ぐらいで始まります。

急いでやらなければならないのは大人の人たちに「応援団」の呼びかけです。

次回の準備会までにいろいろ準備してくることも話し合われました。

ちょっと面白い提案も出て予定の1時間を30分も超過しました。

まずは来年の7月7日の「くだかけ40周年」を目標に実現に向けた一歩を歩み始めました。

ところで僕は応援団長に就任しました。

明日の3時33分に

170824_062557.jpg
夏も終わりになってきました。
今朝は衝撃が走りましたね。
このままでは、アッチもこっちも握りこぶしを握りしめて振り下ろす方法を間違えてしまいそうですね。

夏の花のオシロイバナも、こうしてまだ色あせてはいませんが、秋とともにいつの間にか精彩を欠いて来るのです。

僕ら年寄りはもうどうでもいいのですが、これからこの地球で生きていく人たちはどんな気持ちで、何を創って行けるのか明日から出発したいと考えているのです。

若者に限らず、大人もぜひ参加してください。

このままでは地球は歪んでしまいそうですね。
心配はいよいよ本格的になってきました。

意外に美味しい

170828_080432.jpg
さて、この丸いものは何でしょうか?
見たこともないし、見た目は別に魅力的ではありません。

畑から収穫して来たあっ君に「これなーに?」と聞いたら「メロン」という答えが返ってきました。

本心は「うまそうじゃあないなあ」と思ったのですが、せっかく畑にできたものですから食べてみることにしました。

170828_080413.jpg
家内が早速このように切ってくれました。
恐る恐る食べてみたら、なんと!意外にうまいのです。

あっ君が畑で作ったとなれば益々おいしいです。

何メロンだか?名前を忘れましたが、素朴な美味しさは忘れませんでした。

30日午後3時33分に

170825_083259.jpg
夏休みも終わりますね。

10代20代の人たちに、30日3時33分に川の家に集合していただいて「新しいプロジェクト」を立ち上げたいと考えています。
ぜひ参加してください。

大人の人も「応援団」を結成しますのでご参加ください。

ひっそりとしっかりと

170825_061859.jpg
170826_065308.jpg
ヤブランとウドです。

山の中でこういう花に出会うと、ひっそりとしっかりとという言葉が思い浮かびます。

誰も見ていなのに、特別な自己主張もなく、それでいて美しいのです。

僕らもこんな存在であったらいいのですね。

わがままを言って、努力を一つもしないのに美しさだけ求めようとします。
ひっそりとしていたい、でもしっかりと存在していたい。
そんなメッセージがこういう山の中の花に読みとれるのです。

相撲見物

170825_112214.jpg
10年ぶりとかの小田原の相撲があって、お昼前から3時ころまで行ってきました。

子どもたちの「父の日プレゼント」です。

相撲が始まると、何時もテレビで見ているので「それなら小田原に相撲が来るからと」チケットを取ってくれたわけです。

まあ行ってびっくり「小田原アリーナ」は超満員でした。
170825_133530.jpg
席は2階席で「ベストポジション」でした。
いつもテレビで見る力士をまじかに見られて、大満足ですが、取り組みはなんとも力の入らないものでしたね。

お弁当やビールや団扇やせんべいや茶わんなどの入った「おみやげセット」ももらってきました。

子どもたち5人のプレゼントですから、これからみんなに御礼を言わなきゃあ。
ゆっくり楽しみました。

明日の楽しみ

170824_085201.jpg
早朝の畑の中の道です。
百日紅やムクゲが花盛りなのですが、この画面の中に二人の人が作業しています。
上の段と下の段とあるからよく見てください。

明日は小田原に大相撲が来るので見に行きます。
子どもたちがずっと前にチケットをプレゼントしてくれていました。
さっきチケットを確認したら、ビックリするような値段が書いてありました。
子どもたち5人で割ったのかなあ?
それにしてもこんなのをプレゼントしてもらっちゃっていいのかなあ?

おみやげ付きだそうです。

写真撮れたらいいですね。

それに、先日僕の車が壊れてとうとう廃車になってしまいました。
残念ながら13万5千キロでダウンです。

そこで、新しい車が来るわけですが、この間僕は、人に乗せてもらう気楽さを味わってしまい、もうこのままでいいかなと思ってしまいました。
でもさっき中古屋さんから電話があって明日持って来てくれるというのです。

新しいと言ったって10年以上前の車のようです。
こっちは相撲ほど楽しみではありませんが。
仕方ありません、僕もあと何年車の運転ができるやらですからね。

9月号の発送を来週の29日と30日でやります。
30日午後3時30分からは「若者の会」をやる予定です。

希望を持って次代を創る

170823_065702.jpg
今日は「運営委員会」がありました。
来年7月7日に「くだかけ会40周年」の会をすることに本決まりです。

100万人の願い・・未来の地球をどう思い描くか?
            これからの人類は何をしたらいいのか?

子どもや若者に描いてもらおうというプロジェクトを立ち上げようとしているわけです。

もう40年も経つのですね。くだかけが始まってから。
その間にどれだけ世界は行き詰って来たか、そう思うと若者たちの希望の無さも分かるような気がします。
急激に絶望感がひろがっているような気がします。
暴力的になっていく人々もいます。

特に国の姿勢はこのままでは希望が持てませんね。

やさしい花

170822_061534.jpg
秋海棠の花の盛りももうすぐ終わりになるのでしょうか。

それにしてもやさしい花ですね。
毎朝、全真堂に行く道で楽しみます。

すでに、日が暮れるのも朝が来るのも時刻が変わってきています。
朝は遅くなり、夕方は早く来ます。

山の感じも少し変わって来て、ガチャガチャが鳴いたり、赤とんぼが飛んだりしています。

今日は相模原に行きました。
8月の会にしては皆さん参加してくださって、楽しく「快い」というテーマで会ができました。
ありがとうございました。
プロフィール

mokitiwada

Author:mokitiwada
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR