FC2ブログ

今朝、全山美しく

今朝は曇り空でした。
そのせいか、山中が色づいて、究極の美しさでした。
171130_065803.jpg
写真に写そうとしてもどうしても部分になってしまいます。
この美しさをどのように写したらいいかもわからず、この山ごと皆さんに見てほしいと思いました。
でもどんなに言ってもここまで登って来るのは大変だし、結局僕一人で味わうことになります。

隣の集落までの1キロ半と、そこからのふもとまでの2キロメートルはお願いだから一人でもいいから見に来てほしいなと思うのです。

赤や黄色と言ったって、言葉ではどうにもならない美しさです。
171130_065704.jpg
晴れたら晴れたで光が透かして映り、これまた息をのむ美しさです。

朝に限りますが。

一年に一度この贅沢を味わえるだけでもこの山に住んでいる価値があります。

それなのに家内は今日わざわざ「箱根の紅葉」を見に行きました。
ここの紅葉は作られた美ではないのがいいのですね。
スポンサーサイト

見事に咲きました

171129_153839.jpg
山の廊下の外で夏を過ごした「カニシャボテン」です。

先日から川の家におろして皆さんに見てもらっています。
見事に咲きましたね。

他には真っ赤と白の花の寄せ植えの鉢も咲き始めました。

今日、12月号の「くだかけ新聞」と「全真」を発送しました。
またどんな反応がいただけるか楽しみです。

これを作る事務所の人は大変ですが、たくさんの会員さんがお手伝いに来てくださって発送の作業まで応援してくれます。
そういう日はなかなかにぎやかですが、勢いを感じますね。くだかけパワーのような・・・。

そういえば昨日もそば打ちの会の時に「ひきこもりパワーだ」なんて気合を入れてる子もいました。

見事な連携が咲いているっていう感じです。

そば打ち講習

171128_102712.jpg
諸星さんと夏苅さんという、僕の高校時代の友人二人が来てくれて「そば打ち」を教えてくれました。

もうこれで3回目だそうです。

でも教わる方が変わるので、なかなか身につきません。
結局20人ぐらいの予定が15人で教わりました。

中学生や若い人はさすがに飲み込みも早くいい感じです。
捏ねて延ばして切ってという手順ですが、なかなか難しいのです。
171128_120617.jpg

打ち立てのそばをさっとゆでて、プロの諸星さんの汁で美味しくいただきました。
そのおいしさは「自分で作った満足」も相まって、最高でした。

ただ残念なことに、山でそばを生産している二人が参加できなかったことです。
今度マンツーマンで教えていただきたいですね。

それから、子どもの進歩というのはこういうチャンスによくわかるってことですね。
見ていると「成長したなあ」と感じるのです。
おそらく来始めたばかりの子も1年後には「成長したなあ」と思うのでしょうね。

諸星さん夏苅さん毎回ありがとうございます。

人類の可能性

171127_065911.jpg
今朝はとてもきれいなモミジとイチョウに思わずため息が出ました。
 
また昨日の報告ですみません。
昨日のうちに書けばよかったのですが、最近「地球大好きプロジェクト」が始まっています。
昨日も若者たちのその会があって楽しそうでした。

人類の可能性、地球の未来などを思い描いて、夢を語り合うという企画なのです。

小学生や中学生が考えてやっているというのが楽しいのですね。

神様や仏様の存在が、科学的な技術や方法の奥の方に存在しているというところが鍵です。
なぜ、僕らはこんなとてつもない宿題を持たされているのか、地球規模人類規模で受けとっていくのですから。

人類の可能性は無限大だと思います。

と言いながら、現実問題、この杉の木を見ると、来春は「花粉がとんでもないぞ」という事がわかります。

171127_081929.jpg
見てください花粉がもうびっしりですよ。

恐怖の花粉です。
まあ普段見ていない人は、この写真を見ても分からないでしょうけど。

だれが何と言っても来春は「スギ花粉」がすごいレベルです。

とてもいい会でした

171126_085015.jpg
渡り廊下には色とりどりの葉が飛んできてとてもきれいです。

昨日の話ですが「不登校引きこもりを超える」という会がありました。

ご参加の予想人数はぴったり40人でしたから準備した配布物がぴったりでした。

なんだかとてもいい会だったように思います。
僕だけがそう思っているのかもしれませんが。

僕が基本的な話をさせていただくのはいつも通りです。それに、体験者の話として6人もの人が話をしてくれたのです。

特に若い人たちの体験談はよかったです。
またベテランのお母さんの体験談で、会そのものがギュッと引き締まったのです。

そんなわけで「いい会だった」と思ったのです。

またしてもいくつもいくつも、発見や気づきがありました。
こういう勉強会ほど大切なものはないと感じました。

これをヒントに1月の「全真」に書く内容を変更しました。
ひきこもりの体験談は本当に貴重です。
いつも何かしら新しい学びがあるのですから。

皆さんありがとうございました。

クリスマスまであとひと月

171124_105719.jpg
昨日来てくださったお客さんんが、こんなのを作って来てくれました。

どう見てもクリスマスの雰囲気です。

今朝、ラジオで「あとひと月でクリスマスです。今頃サンタクロースは何をしているのでしょう?」なんて言っていました。

そんな季節なんですね。

でも昼間は小春日和で、穏やかでした。
助かりました。

昨日はそば屋に行くのに財布を忘れていって、今日は会場に行くにケータイを忘れていきました。
何かを忘れてしまうのは歳のせいですね。

28日には「そば打ち講習会」があります。
ナントも楽しみです。
まだ受け付けていますから、いまからでも申し込んでください。

山茶花の山畑

171122_083309.jpg
今朝は正坐の間に、今シーズン最大のめまいがしました。
疲れがピークなのか?寒すぎる全真堂に無理があるのか?
一人で坐っていると、気がつけば普段の正坐の時間を大幅に過ぎていました。
気が遠くなっていたのでしょうかね。

それでも終わりにはめまいもなくなっていたので、畑に出ました。
紅葉の間に山茶花がたくさん咲いていて、きれいです。

写真ではうまく見えませんが、あっという間に満開しているのですね。
しばらく、山畑は山茶花の縁取りです。

171124_080454.jpg
風邪も流行っていて、ひゅう君も熱のようです。

今朝は風邪から復帰した若者がこんなおいしそうなサンドイッチを作ってホーバっていました。
若者が好きなのは、とけるチーズをここに乗せて焼くものです。
コッペパンからはみ出しそうです。

アイスクリーム

171123_140304.jpg
毎回狙っていますが、なかなか売りに来ないので食べられませんでした。
今日は運よく帰りの新幹線で「アイスクリーム売り」が来ました。

久しぶりで新幹線アイスを食べたのです。
今日は祝日という事であっちもこっちもものすごく混んでいました。

家内の予想が当たりました。

僕は祝日なんてのは皆さん家の中でノンビり過ごすのだろうと思って、あちこち空いていると思ったのです。

世間はこういう時には老若男女みなどこかに出かけるのですね。

それにしても今日は変な天候でした。
朝出かける時には大雨。
向こうについたら晴れてちょっと暑いぐらいでした。
帰りの新幹線ホームでは冷たい風が吹き始め。
こちらの駅に着いたら曇っていて寒いのですから。
なんとなく体にきつい日でした。

小鳥のねぐら

今日は運営委員会でした。
でも朝から不調で、なんだか元気が出ません。
昨日も結局体調不良のままでした。
明日は回復できるといいのですが。

171120_062713.jpg
先日、トイレの外で何やらガタガタカサカサと音がしています。
何だろうと思いながらなかなか真相がわかりません。

ところが、数日後その物音の場所に一羽の小鳥がいて、目が合ってしまいました。

今どきこんな所に巣を作っているのは変だなあ?と思ったのですが、
よくよく見ると、その下の木がたくさんの糞で汚れています。

ハハーン。こいつはここをねぐらにしているんだな、と分かりました。

この寒空に追い出すこともないですね。
「たいしてあたたかい家ではないけれど、ゆっくり寝てね」と言いました。

香ばしい香り

171120_210719.jpg
今日はお昼を食べたお店で「クリスマスソング」が流れていてビックリしました。

ゆうべ、僕はもう歯磨きを終えて寝る準備していたら、とても香ばしい香りがしてきました。
あっ君が畑で収穫した南京豆を炒っていたのです。

171120_210702.jpg
ヤス君はオーブンで殻付き南京豆を焼いていました。

食堂中がいい香りになっていました。
残念ながらその場で食べられなかったのですが、今日出先から戻ってみたら、E組のひとたちと事務所の人たちでその南京豆を食べていました。

美味しいと言いながら。

僕は残念ながらちょっと体調が悪くまた食べられませんでした。

今夜はこの南京豆を使った料理を作ってくれるそうです。
楽しみですね。

E組の人がクリスマス会の飾りを作り始めていて、これまたビックリです。
季節が進んでいるのですね。
プロフィール

mokitiwada

Author:mokitiwada
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR