おいしい野菜

IMG_20180716_075021_convert_20180716150835.jpg
バイアムです。
夏場は「くだかけお山の農園」にはいろいろな美味しい野菜がたくさん採れます。

中でもこのバイアムは柔らくて、おひたしにして今朝も食べました。

その他これからは空心菜や、モロヘイヤなどがとれ始めるのでしょうね。

僕は毎日このごろ「ミョウガ」が出たかどうかを見ています。
ナスピーマンキュウリかぼちゃトウモロコシ、毎日が楽しみです。

枝豆やインゲンもおいしいですね。

とにかく何が言いたいかというと、こうして無農薬の野菜をふんだんに作ってくれることに感謝しているのです。
熱中症になりそうになりながらお米や野菜を作っているみんなに感謝感謝ですね。

まあ、これらの野菜やお米は「くだかけ生活舎」に申し込むと買えるのです。ご希望の方はどうぞ電話でもしてみてください。
もちろんメインの自然養鶏の卵も注文できますよ。

実はそんなわけで、僕らは毎日売れないようなはねた野菜や、不ぞろいの卵などを食べているわけです。
それでもおいしいのですね。

人のしあわせとかあんしんとか

IMG_20180713_065743_convert_20180715154000.jpg
国会でなんだかよくわからないことを多数決で決めようとしているようです。
カジノってやつが含まれている法案らしいのです。
どうやら、これを推し進めようとしている人たちは「経済の刺激」という理由です。
そこがよくわかりません。
それが、人に幸せとかあんしんにどう結び付くのかです。

すでにギャンブルは公営でやっているのですが、負け分が公の取り分なのでしょうね。勝ちの人はほんの一部です。
また勝ちの人が勝ち続けられないのは誰でも知っています。

外国から客が来るといっていますが、それってどうなんでしょう??・
そのほかのあそび場も作るようですが、どうしてギャンブル施設が必要なのかってことです。
ギャンブル依存症という言葉も知っているようですね。あの人たちも。
でも本当のところは知らないのでしょうね。

時代劇にも出てきますね「賭場」に出入りしている若旦那の末路が。
金儲け主義の思いつくことの最悪パターンのような気がします。

ついでに言うと参議院議員6人増やす案も、国会議員って減らそうとしてたんじゃあなかったっけ?っていう話です。

生産的生活

IMG_20180713_065759_convert_20180714161718.jpg
来週の火曜日に「相模原くだかけ会」に行きます。
そこでの話題が「生産的生活」です。

人類が求めて来たことの根本的な問題が潜んでいます。

先日「どうもイライラしてしまう」という質問があって、僕がすぐに思ったことが「生産的な生活」というモノだったのです。
イライラとどういう関係にあるのか、と思うでしょうけど、大ありなのです。

その根本は便利を獲得してきた「文明」に問題があるのです。そこで、必要になってきたのが御釈迦さん以来テーマにしてきた「智恵」を本気で生かす時がせまって来たのですね。
面白い話です。

そのうちぜひ「智恵の教育」という本を作りたいのですが、その一つのテーマが「生産的生活」です。
連休が過ぎたら火曜日は「相模原くだかけ会」と覚えていてください。

人生観が変わるかも

IMG_20180713_070329_convert_20180713155556.jpg
可愛くてきれいだなあと毎年咲くこの花の本名は知りませんでした。
金魚みたいだから勝手にキンギョソウって言ってたら、キンギョソウはまたほかにあるし・・・。
それで調べたら「ヒメオウギスイセン」というのだそうです。

これでスッキリしました。

しらずに勝手な思いで、この娑婆世界を生きていると、同じようなことがあります。
ほんとうのことは知らずに、問題とも思わず、表面を生きてしまうのです。
ところがほんとうは「こんなことだぞ」と知ったら、それから見方がすっかり変わってしまったというようなことです。

若い子たちは、何が問題なのかさえ知らずにいたずらに苦しんでいるというようなことが多いのですね。
それで例えば、別世界があると知った途端に、「そうか、ここが問題だったのか」と知るわけです。
悩むことも苦しむこともできずに悶々としていては、何のための人生かにも行きつかずに表面を流れていってしまいます。

人生科 という実践は、触れてみたらいつの間にか人生観が変わっているかもというモノなのです。
宗教的生活で得られるやすらぎの入口と思ってもいいですね。

宗教や道徳教育ではないものを願って「人生科」を育てていきたいと思います。


全真堂で坐らなくても、山の家に来てグルリの花々を見るだけでも人生観は変わるかもね。

山の道

IMG_20180712_080857_convert_20180712161406.jpg
くだかけ生活舎や全真堂を出て山道を下ります。
車が一台やっと通れる未舗装の道です。
もう50年も行き来しています。

一応、「町道」だそうです。

「宗教の道」と名付けた比較的平坦な道を600メートル進むと、「ケチ落としの谷」というガタガタ下り坂に差し掛かります。

今朝はそこに石の崩落があって、通行に一苦労でした。
まあこのくらいなら何とか人力で通行可能です。
昨日も今日も雨の朝でしたから、少し心配しながら通りました。
その先には、前回の雨で大きな枯れ木が横たわって落ちて来て、危機一髪でした。

もちろん町に「要望」は出しています。「せめて要所だけでも舗装を」と。
でもなぜか雨のたびに崩落してしまうこの道には根本的に手がついていません。

大雨被害が報道されるたびに、次はここかなあと不安です。

何年か前に近所のおじいさんが軽トラックごと崖を100mも落ちて亡くなりました。
さすがにそれ以降ガードレールはつきましたが、路肩の補強も舗装も全然いっこうにしようという気がないようです。

僕らにとっては生活道路であるし、その先には全集落の住民の大きなお守り神社「神明社」が存在し、お祭りは「無形文化財」になっているのにもかかわらず、その補修は僕らの手作業によって何とかなっているという現状は知ってか知らずか、町は放置しているのですね。

てな具合ですが「智恵の泉」あり、「山百合」や「ヤマブキ」ありの美しい山道を楽しんで通う50年です。
「宗教の道」をゆっくり散策するのはおすすめですね。


できたらもう一つ安全な道にできたらいいですね。
プロフィール

mokitiwada

Author:mokitiwada
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR